時の流れの羅針盤 日本時事評論
お知らせ

お知らせ一覧を見る
「日本時事評論」編集便り No.280      2017/03/17 
 森友学園の国有地売却問題が国会で追及される中、野党から塚本幼稚園での「教育勅語」を教材とする教育方針が問題だとする質問も出ています。「教育勅語」は、人が生きていく上で心がけるべき徳目が述べられているもので、内容的には何ら問題はありません。むしろこの機会に、われわれ国民は「教育勅語」に何が書かれているかを今一度確認し、人として為すべきこと、為してはらなないことを実践することが大切だと思います。それでは紙面案内です。(田村)

1面 天録時評 「自衛隊の国産品調達を見直せ
         米国からの輸入で装備の拡充を」

 米国から、日米同盟強化のために国防費の増額など、わが国の負担増を求める要求が強まるのは明らかです。一方、現在の自衛隊の一部の能力は世界有数ですが、全体的に見れば「軍隊」として不足している部分も多くあります。限られた予算の中で充実強化を図るためには、調達を国産にこだわることを見直さなければなりません。小火器や火砲などをはじめ、装備の充実と米国からの要求とを同時に満たすことができる、信頼性が高く安価な兵器などの輸入増を検討すべきです。

2面 天録時評 「森友学園 不当利得は返却するのが
        『直き心』建学の精神を行動で示せ

 学校法人「森友学園」の国有地売却の件では、大阪航空局が十分な現地での確認をしないまま、学園側の工事業者などの意見を聞いただけで過大な見積もりを行った可能性がある点が大きな問題です。もしそうであれば、森友学園は多額の不当な利益を得たことになります。道徳教育を掲げている学校であるならば、道徳に従って不要となった処理費用分を自主的に国に返却することを宣言すべきです。

3面 天録時評 「スマホ育児 『親子の触れ合い』を最優先
         スマホ依存の子育てに危うさ」

 乳幼児など未就学児にスマホを与え、子供がスマホに集中している時間に親自身の用事を済ませる「スマホ育児」が議論になっています。こうした議論では、スマホを与えることの賛否論に陥りがちですが、重要なのは親のスマホの与え方であり、与えたまま子育てを放置することが問題です。子育ての基本は親の都合より子供のことを第一に考え、親子が会話や肌の触れ合いを大切にすることです。

4・5面 天録時評 「巨大で商業化した五輪の見直しを 
           オリンピック精神とかけ離れたイベント」

 2020年の東京五輪に向けて準備が加速していますが、エンブレム問題、国立競技場の建設問題などゴタゴタが続いています。この原因は、オリンピックが儲かる巨大な催しとなり、多くの利権屋が群がっているからです。オリンピックの実態は、人格の完成や平和の実現といったオリンピックの精神からかけ離れてしまっています。今回の東京五輪を機に、わが国から見直しを提言すべきです。

6面 天録時評 「恐怖を煽る授業を許すな
         正しい放射線教育で人材確保を」

 原子力発電所は原子炉だけでなく制禦装置や発電機、複雑な配管などがあり、運転や維持などには「電気・電子」や「機械」を専攻した工学系の技術者が不可欠です。しかし、福島第一原電事故以降、こうした学生の原子力事業離れが顕著となっています。この要因として、小、中、高等学校での放射線の恐怖を煽った偏向教育の影響があります。基幹エネルギーである原子力事業への人材確保のためにも、放射線の正しい知識を学ぶ教育を進めるべきです。

2面 巷  露 「内に秘める花の色」
3面 草木片189
        「編笠茸/あみがさたけ」
7面 地域便り(福島市)「震災から6年を経た福島の現在を知る
         第9回ふくしま市民フォーラムを開催」/
   地域便り(長野県)
         「長野市など11市議会で議場に国旗掲揚」
8面 吉原恒雄拓殖大学元教授の国際社会を見る目244
        「儒教の教えと真逆の中国・北朝鮮
         テロを利用する独裁者はテロに怯える」

※皆様のご意見・情報提供(教育現場の声、地域の話題など)を編集部までお寄せください!!
過去の記事を読む
【第9号】社会に広めたい「子育て四訓」 勇気と知恵の源 湧泉 【第5号】特集 国語政策 【第6号】国際社会を見る目 【第4号】国旗と国歌 【創刊号】「男女共同参画」の表と裏 【第2号】「男女共同参画」とジェンダー論 【第3号】「ことば」百選 【第7号】特集 放射線 日本時事評論 メールでのお申し込みはこちら 傍楽コラーゲン メールでのお申し込みはこちら 【第8号】当世子育て談義