時の流れの羅針盤 日本時事評論
新着情報

お知らせ一覧を見る
「日本時事評論」編集便り No.371      2021/01/15 
 わが国では、欧米と比較して新型コロナウイルスの感染者数は少なく、かつ、病床数は多いはずなのに感染者数が急増している都市部を中心に医療崩壊が叫ばれています。今回の件で明らかになったのは、有事に弱い医療体制だということです。欧米のように地域や自治体の垣根を越えて医師や病院が連携するために必要な動員命令が医療関係者に出せません。医療崩壊を防ぎ、ワクチンの集団接種を成功させ、国民の命を守るためにも、有事の際に私権を制限できる法体制の構築が急務ですが、それには憲法改正が不可欠です。それでは以下、紙面案内です。(田村)

1面 天録時評 「ザル法の政治資金規正法の改正が急務
          現金授受を禁止し資金の流れの透明化を」

 新型コロナウイルスによる国家危機を脱するためには、政府や政治家への信頼が不可欠です。しかし、安倍前総理の公設秘書で後援会代表による政治資金規正法違反をはじめ、政治資金を巡る疑惑が噴出し信頼は低下しています。政治資金の流れを透明化するための政治資金規正法の改正が不可欠です。罰則の強化や時効期間の長期化はもとより、政治資金の流れを透明化するために、現金での政治資金のやり取りを禁止することが急務です。

2面 天録時評 「国民に分かりやすい情報提供へ
         広報・報道の専門家を集めた組織を」

 菅内閣の支持率が急落しました。GoToトラベルを巡る政府の対応をはじめ、菅総理の年頭会見も具体性に乏しく、国民への分りやすい情報提供が不足しています。誤った政府批判や虚偽の情報が一瞬に広がる今の時代に対応した、専門家を集めた広報や報道対応のための組織を設置すべきです。社会の安定のためにも政府は国民に丁寧な説明を行うべきです。

3面 天録時評 「100%の安全、安心を求めるな
         正しい知識の習得で危険からの自己防衛を」

 日本人は、過度に安全や安心を求める傾向があります。しかし、絶対的安全はなく、安全を過度に求めれば不安が高まるだけです。人は正しい知識が欠落すると、安全なのに不安を感じたり、逆に危険にもかかわらず安心したりします。安全、安心は自らが正しい知識を習得し、自らが防衛する以外にないことを自覚すべきです。

4面 天録時評 「SNS 誹謗中傷の悪質な投稿は犯罪
         運営会社は利用者に違法性の周知徹底を」

 SNSでの「ばか」「死ね」などといった悪質な投稿は、侮辱罪等の犯罪になりますが、投稿者に違法性の認識がなく、悪質な投稿は繰り返されています。SNSなどの運営会社は、侮辱や名誉棄損などに該当する具体例を示して、犯罪行為であることを利用者に周知すべきです。

5面 天録時評 「教員の業務削減や省力化こそ急務
          教育力向上のために専科教員の増配を」

 教員の業務負担を減らし、子供へのきめ細やかな目配りを可能にする目的で、文科省は令和3年度から段階的に35人学級を導入します。しかし、教員の業務削減を併せて行わなければ、教員の過重負担は軽減されず、きめ細やかな目配りも十分に行えません。放課後や夜間の生徒指導、集金など教科指導以外の業務から教員を外すと共に、専科教員の増員など教員配置の大胆な改革こそが不可欠です。

2面 巷  露  「恐怖と不安から逃れる」
6面 天録時評  「日本学術会議
          米国がGHQに送り込んだ人物が設立
           わが国弱体化のための占領政策の一環」
7面 天録時評  「簡単に盗むことができるラインの通信
          個人情報や秘匿情報を発信してはならない」
   天録時評  「中国発祥を打ち消したい共産党政府
          輸入冷凍食品を犯人に仕立てる工作に注意を」
8面 日本の肖像㉕ 西郷隆盛(下)
         「大河の流れを一身に受け止め、
          知謀の限りを尽くして維新の道を拓く」
          歴史家 鈴木旭


〈本文の全文(PDF)は1月22日に掲載予定です。〉
※皆様のご意見・情報提供(教育現場の声、地域の話題など)を編集部までお寄せください!!
過去の記事を読む
購読のご案内 講読のお申込はこちら
【第9号】社会に広めたい「子育て四訓」 【第6号】国際社会を見る目 【第5号】特集 国語政策 【第4号】国旗と国歌 【創刊号】「男女共同参画」の表と裏 【第3号】「ことば」百選 【第2号】「男女共同参画」とジェンダー論 【第10号】「続・ことば」百選 【第7号】特集 放射線 お申し込みはこちら 【第8号】当世子育て談義