時の流れの羅針盤 日本時事評論
新着情報

お知らせ一覧を見る
「日本時事評論」編集便り No.360      2020/08/07 
 最近、子供と共に夕食の支度をする機会が増え、子供との会話も増えました。一緒に夕飯を作る作業が楽しいためか、学校や友達のこと、時には、娘が異性にナンパされそうになったことなども正直に話してくれました。その時に、男性は時に下心をもって接することがあるなど、父親として、異性との付き合いの時に心掛けることを、自分の若かりし時の経験も踏まえて話すことができました。家事手伝いなどを、子供と一緒に楽しむ活動をすることで、子供は心を開いて話をしてくれます。今日では、スマホの普及で年少者が性犯罪に遭うことが多くなってきていますが、家事手伝いなどを通した親子の会話こそが、わが子を性犯罪から守る方法であると確信した次第です。それでは紙面案内です。(田村)

1・2面 天録時評 「世界秩序が大転換した大東亜戦争 
           白人の植民地支配からの解放と独立を実現」

 敗戦から75回目の夏を迎えますが、依然として大東亜戦争は「無謀な戦争」「アジアの人々を苦しめた戦争」などとする一面的な批判が繰り返されています。また、「ファシズムと民主主義の戦い」で民主主義が勝利したという連合国を正当化するための誤った歴史が児童や生徒に教えられています。その結果、多くの国民が贖罪感に囚われ、独立国家の国民としての気概を失ったままです。米国により刷り込まれた自虐史観を払拭し、日本人としての気概を取り戻すための一助として、スカルノ・インドネシア初代大統領の歴史観やサンフランシスコ講和条約でのスリランカ代表の演説を紹介します。

3面 天録時評 「性交同意年齢の引き上げが必要
         年少者を性的犯罪から守るための法改正を」

 スマートフォンの普及でネット社会になり、ラインやツイッターなどが悪用され、年少者が性犯罪の被害者となっています。しかし、13歳、14歳の年少者が裁判所でどのように抵抗したかなどを証言し、強姦罪を立証することは困難です。世界の先進国は、年少者を保護するために性交同意年齢を引き上げています。わが国も早急に現状の13歳を16歳にまで引き上げるべきです。

4面 天録時評 「国民に負担を強いるだけのレジ袋有料化
         海洋流出プラごみ削減は適切な廃棄物処理で」

 全国で義務付けられたレジ袋の有料化は、消費者に新たな金銭的負担を強いるだけで、プラスチックごみの海洋流出問題や温暖化の問題解決には直接つながりません。海洋流出問題のためには適正な廃棄物処理システムが必要であり、また、プラスチック使用抑制のためには国民の意識を変えるだけでは不可能で、プラスチックに代わる製品の開発も不可欠です。

5面 天録時評 「公取法違反の新聞社の『押し紙』商法
         広告主を騙す悪徳商法を廃止せよ」

 新聞社が、販売店に実際の配布部数より2〜3割も多い部数を押しつけるいわゆる「押し紙」が昔から行われています。新聞社の強い立場を利用した「押し紙」は独占禁止法で禁止されています。さらに、広告主から広告料や折り込みチラシの代金を余分に騙し取る詐欺行為でもあります。悪徳商法を批判する新聞社が行う「押し紙」商法は、より悪質であり、公正取引委員会は厳しく取り締まるべきです。

2面 巷  露  「停滞する遺骨の帰還」
3面 草木片270「やしのき/椰子の木」
5面 天録時評  「表現の自由を奪うアウティング禁止条例」
6面 天録時評  「香港国家安全維持法
          日本人の言論や表現の自由を奪う悪法
          日本での中国人の活動を規制する法の制定を
   天録時評  「中国共産党の拠点・孔子学院の閉鎖を
          学院長が台湾の武力統一や戦争を提唱」
7面 投  稿  「なぜ憲法改正が必要か⑭
          日本国の破壊を目論んだ東京裁判」
          弁護士・医師 籔本恭明
8面 日本の肖像⑬ 高橋是清(中)
         「イギリスの日本蔑視にめげず、
          奇跡的な外債募集に成功する」
          歴史家 鈴木旭


〈本文の全文(PDF)は8月14日に掲載予定です。〉
※皆様のご意見・情報提供(教育現場の声、地域の話題など)を編集部までお寄せください!!
過去の記事を読む
購読のご案内 講読のお申込はこちら
【第9号】社会に広めたい「子育て四訓」 【第6号】国際社会を見る目 【第5号】特集 国語政策 【第4号】国旗と国歌 【創刊号】「男女共同参画」の表と裏 【第3号】「ことば」百選 【第2号】「男女共同参画」とジェンダー論 【第10号】「続・ことば」百選 【第7号】特集 放射線 お申し込みはこちら 【第8号】当世子育て談義