時の流れの羅針盤 日本時事評論
お知らせ

お知らせ一覧を見る
「日本時事評論」編集便り No.268      2016/09/16 
 今号では、大東亜戦争時のマニラ市街戦について紹介しています。こうした歴史は中学、高校の歴史教科書では十分学ぶことができず、大学でも近代史とりわけ戦史を専攻しない限り、詳細を知る機会はありません。歴史に関しての無知は、中国や北朝鮮の工作活動に煽られたり、他国との友好関係を損ねたりすることにつながります。『学校では教えない日本史』という本がありますが、本紙が学校で教えない歴史について学ぶための一助となれば幸いです。それでは紙面案内です。(田村)

1面 天録時評 「日比友好には『マニラの悲劇』の反省を
        フィリピン国民は惨劇の歴史を忘れてはいない」

 アジアの安定のためには、南シナ海で中国と対立しているフィリピンとの友好協力関係の強化が課題です。信頼関係の構築のためには、大東亜戦争で日本軍が行った『マニラの悲劇』などの惨劇の歴史を忘れてはなりません。政府は公式にフィリピン国民に反省と追悼の意を表すべきであり、政府関係者をはじめ国民も事実を認識した上で、フィリピンとの交流を進めていくべきです。

2面 天録時評 「帰化申請の条件を厳しくせよ
             愛国心の表明や日本語検定試験も」

 わが国のあらゆる社会福祉の恩恵を享受できるという実利目的で帰化する中国人が増えています。わが国の文化や生活習慣に馴染もうともせず、愛国心や忠誠心も持たない中国人の帰化は、国内に多くの敵性国民を抱え込むことにつながりかねません。わが国の帰化申請の条件を、外国と同様の水準にまでに、厳しくすべきです。

3面 天録時評 「日韓分断をめざす中国、北朝鮮
              嫌韓感情を煽る言動には注意せよ」

 中国や北朝鮮の脅威が高まる中で、日韓関係はわが国の安全保障にとって重要です。しかし、わが国でも韓国でも、中国や北朝鮮の工作員が活動し、日韓の分断を目指しています。嫌韓、反韓感情を煽る過激な運動団体の言動に踊らされてはなりません。韓国に対しては冷静な対応こそが必要です。

4・5面  歴史を知ろう
   「マニラの戦い 日米両軍が市民の生命や安全を無視
           多数の死者と共に都市も消滅した市街戦」

 マニラの戦いでは、死に直面した日本兵による暴虐な振る舞いが行われました。これについて、無差別殺戮や性犯罪を証明する多くの生存者の証言が戦闘直後に集められています。こうした惨劇の歴史をフィリピンは政治の道具とせず沈黙を守っていますが、フィリピン国民は忘れたわけではありません。われわれは事実を重く受け止め、犠牲者や遺族に反省と謝罪、追悼の意を表すことは当然です。

6面 天録時評 「飲酒喫煙年齢の引き下げは不要!!」

 「未成年者飲酒禁止法」や「未成年者喫煙禁止法」の「二十歳以上」という規制は、医学や社会学、犯罪統計学等に基づいて定められています。こうした判断基準を無視して、民法の成人年齢を十八歳に引き下げるという理由で、これらの法律の規制年齢も引き下げようとするのは間違いです。青少年の最善の利益と犯罪予防などの社会全体の利益を実現する観点から、個別具体的に検討すべきです。

2面 巷露 「自殺防止は一人ひとりが主役」
3面 草木片177「猫萩(ねこはぎ)」
6面 天録時評「ソフトムードの共産党に騙されるな」
7面 地域便り(山口県山口市)
    「水シンポジウム 河川流域に根ざしたまちづくりを
     地方再生や防災をめざして」
   地域便り(東京都)
    「親子の断絶防止のための新法制定へ
     面会交流などの取決め書面は努力義務に」
8面 吉原恒雄拓殖大学元教授の国際社会を見る目232
    「北の潜水艦発射ミサイルに騒ぐな
     既存の核ミサイル対策を急げ!!」


※皆様のご意見・情報提供(教育現場の声、地域の話題など)を編集部までお寄せください!!
過去の記事を読む
【第9号】社会に広めたい「子育て四訓」 勇気と知恵の源 湧泉 【第5号】特集 国語政策 【第6号】国際社会を見る目 【第4号】国旗と国歌 【創刊号】「男女共同参画」の表と裏 【第2号】「男女共同参画」とジェンダー論 【第3号】「ことば」百選 【第7号】特集 放射線 日本時事評論 メールでのお申し込みはこちら 傍楽コラーゲン メールでのお申し込みはこちら 【第8号】当世子育て談義